悪徳カジノに引っかからない為に

悪質カジノとは?

近年、成長著しいとされるのがオンラインカジノです。
プレイヤー数の大幅な増加が報告されるなか、連動するように悪質な詐欺カジノの増加が報告されています。
そのため、きちんとした予備知識をもたないと危険です。
実際詐欺行為が巧妙化しており、引っかかってしまったなどの報告が後を絶ちません。

被害の報告例を紹介しましょう。

あるプレイヤーが高額なボーナスが提示されているので登録を済ませてカジノゲームを楽しむと、想像以上の勝ちを収めることができました。
さっそく勝ち金の払い戻しを申請すると、いつまでたっても払い戻しがなされません。
このような場合には、サポートへ連絡しても解決されることがないと考えてください。
なぜならば、最初からこのサイトはプレイヤーに勝ち金を支払うつもりがないからです。
結局、ベットした金額や預け金などを取り戻せないまま泣き寝入りするしかないこととなります。悲しい被害でしょう?

一部のオンラインカジノは悪質業者の資金稼ぎに使われる

運営しているオンラインカジノは健全な会社が運営しており、ライセンス取得と同時に会社の審査も受けています。
審査の結果問題ないと判断されればオンラインカジノの経営が可能となり、ライセンスを示してオンラインカジノをネット上に作れます。
しかし一部のオンラインカジノは、健全な会社が運営しているように見せかけたり、ライセンスを持っているように見せかけて実は受け取っていない問題があります。
これらのオンラインカジノは、悪質な業者が資金源として活用しています。

オンラインカジノから悪質な業者にお金が渡る

オンラインカジノを運営している会社は健全なのですが、健全な会社が運営している場合でも裏の情報はわかりづらいのです。
ライセンスの審査では、会社自体の審査は行われますが、同時に会社の裏側については審査されていません。
会社に関わっている人の中に、悪質なグループとのつながりを持っていた場合でも、審査の際には情報がわからないのです。

一部のオンラインカジノは、海外のマフィアなどが資金源として活用しています。
もちろんライセンスを取得していないオンラインカジノが大半で、本来なら運営できません。
それでもライセンスを偽造したり、過去にライセンスを受け取っている会社の情報を使って運営するなど、オンラインカジノのように見せかける問題が相次いでいます。

マフィアなどに資金が入ると、当然悪質な方向にお金を使われてしまいます。
海外でも日本の暴力団のような悪いグループは多数あり、資金源を断つために政府が多数の対策を行っています。
それでもオンラインカジノのように気づかれないものを上手に使い、資金源として活用する動きが出ているのです。

日本でもオンラインカジノを使った資金調達が指摘される

日本では暴力団の資金源としてオンラインカジノを使ったネットカフェが指摘されています。
また、闇カジノのような場所でオンラインカジノを遊ばせて、得られた金額の一部を暴力団に渡しているケースもあります。
オンラインカジノは、そうした悪い団体との付き合いはないように思われますが、場合によっては悪質な団体が資金を得るために使うケースもあるのです

とにかく自宅外でオンラインカジノで遊べるという話は無視してください。
こうした話というのは大体悪い内容ばかりで、本来であれば無視しても大丈夫なのです。
オンラインカジノは自宅で遊んでも大丈夫ですが、自宅外で遊ぶと悪い問題が起こりやすいので気を付けてください。

個人情報の漏洩について

悪質カジノによってもたらされる被害は金銭だけではありません。
アカウントを登録する際に入力した個人情報の漏洩が問題視されています。
悪意をもった業者に個人情報がわたってしまうと、さまざまな詐欺行為がおそってくることになるのです。

最初は迷惑なスパムメールが大量に送り付けられます。
注意しなければならないのはフィッシングメールの存在であり、うっかり開けるとコンピューター自体に対する被害や、クレジットカード番号の漏洩被害につながりかねません。
コンピューターウィルス付きのメールが届くなんて、想像するだけで恐ろしいと思いませんか?

悪質カジノを回避するために

最低限の自衛策を講じなければなりません。
その為には見知らぬカジノで遊ばないようにすればよいのです。

オンラインカジノ初心者は、なるべくメジャーかつポピュラーなカジノサイトを選ぶようにしましょう。
また、アカウントの登録前にウェブサイトの確認を怠らないでください。
ライセンスが提示されていなければ、ニセサイトかもしれないのです。
悪意をもった詐欺サイトは、優良カジノのふりをしている可能性があります。

政府発行によるライセンスや第三者機関による認証マークが提示されていれば安心です。
十分に確認をかさねて、セーフティにオンラインカジノを選びたいものです。
優良なカジノサイトへの登録を済ませて、充実したカジノライフを楽しんでください。

オンラインカジノが誇る数々の長所

他のギャンブルと比べてリスクが圧倒的に低い

ギャンブルをするのなら勝ちやすいギャンブルをしたい。そう考えるのは誰でも同じでしょう。
パチンコ、パチスロ、競馬、競輪、競艇、オートレース。
色々なギャンブルがありますが、どのギャンブルも勝てるギャンブルとは言えないでしょう。

そこで勝ちやすいギャンブルとしてご紹介したのがオンラインカジノです。

オンラインカジノは払い戻された金額を使った金額で割ったペイアウト率が97%前後と非常に高くなっています。
パチンコや競馬などでも70~80%ですので、このオンラインカジノのペイアウト率は驚異的といえる高さです。
このペイアウト率から考えると、オンラインカジノは平均すると使った金額の3%程度しか失わないということになります。

パチンコ、競馬でも使った金額の20~30%は戻ってこないことになるので、この3%というリスクはギャンブルにしては相当低いものです。
低リスクで行えるということはそれだけ勝ちやすいギャンブルということでもありますので、ギャンブルで勝ちを得たいのならばその他のギャンブルよりもペイアウト率の高いオンラインカジノを選ぶのが賢明と言えるでしょう。

オンラインカジノがこうした低リスクでも運営できている理由は、本物のカジノのように家賃や人件費といった経費がほとんどかからないからです。
場所もオンライン上ですし、人件費にしてもサポート以外はほとんど必要ありません。
こうして運営経費を大きく抑えることができているため、低リスクで利用できるギャンブルを提供することができているのです。

他のギャンブルにはない魅力的なボーナスプロモーション

オンラインカジノには利用者が得をするボーナスプロモーションが多くあります。
このボーナスとは基本リアルマネー同等のゲームで使える資金のことです。
ボーナスの中でも一番大きく魅力的なのが入金ボーナスです。

入金した金額の何パーセントを上限いくらまで受け取れるというボーナスで、最大500ドルまで100%といったような表記で記されています。
この最大500ドル100%というのは、合計500ドルの入金まで入金した額の100%をボーナスとして付与するという意味です。
これはつまり500ドルを入金すると500ドルもらえるということなので、500ドルしか入金しなくても1000ドル分の資金でゲームに挑むことが出来るようになります。

このほかにも登録だけでもらえるボーナスや、スロットマシーンを無料で回せるフリースピンボーナスなど、オンラインカジノごとに様々なボーナスプロモーションを用意しています。
これほど充実したプロモーションが用意されていることで、オンラインカジノは他のギャンブルよりもさらに遊びやすく勝ちやすいギャンブルとなっています。

他のギャンブルよりも高額な賞金を得ることが可能

ギャンブルにより大当たりでもらえる金額は違います。
競馬の3連単の場合ならば100万円前後、パチンコやパチスロならば20万円前後が上限でしょう。

一攫千金というイメージが付着している競馬やパチンコの大当たりでも、一日辺りこのくらいしか得ることができません。
宝くじですと数億円もの大当たりを得られるチャンスがありますが、宝くじの期待値はとても低いのでそれは雲を掴むような話です。
それならば一攫千金をギャンブルで得るのは無理なのかというとそうでもありません。オンラインカジノならばたった一度のプレイで億万長者になることも可能です。

オンラインカジノにはジャックポットと呼ばれる大当たりがあります。
ワンプレイごとにプレイ額の一部が蓄積されていき、ある程度貯まった時点で吐き出されるこのジャックポットは、過去に20数億円の大当たりが出たこともあります。
そのオンラインカジノのジャックポットは機種により額に違いがあるので、これが数千万円ほどの当たりとなると、億を超える当たりと比べてもちろん多くなります。

そして、オンラインカジノは他のギャンブルよりもペイアウト率が高いという特徴があります。ペイアウト率が高ければ高いほど勝ちやすいギャンブルとなります。
パチンコで75%程度のペイアウト率となっていますが、オンラインカジノはそのパチンコを遙かに上回る97%程度のペイアウト率となっています。
こうした高いペイアウト率を持っているため、宝くじで大金を得る可能性と比べるとオンラインカジノの方が断然有利となります。

営業時間がなく、365日好きな時に楽しめる

365日休みなしで利用できるギャンブルはオンラインカジノをおいて他にはないでしょう。
さらにオンラインカジノは年中無休だけではなく、24時間いつでも利用することができます。

ゲームもスロットマシーンをはじめあっという間に勝敗が決まるものが多くあるので、数分の空き時間を利用してギャンブルを行えます。
また、深夜、早朝の時間帯だからといってゲーム内容や設定が変わるといったこともないので、自分の生活スタイルに合わせてギャンブルを楽しみたいと思ったその時に利用することができます。

24時間プレイできるだけではなく、オンラインカジノの多くはサポートも24時間行っています。
サポートの中でも特に便利なのがチャットです。画面を見ながらリアルタイムに問題を解消することができますし、問題解決の方法をチャットの履歴で保存して持っておくこともできます。
文字でやりとりできるため、電話が苦手という方でも緊張することなく利用することができます。

メリットが盛り沢山だが注意は必要

オンラインカジノとは?その成り立ち

オンラインカジノは、自宅でインターネット上で楽しめるギャンブル・ゲームを指します。オンラインカジノは、いつでもどこでも楽しめるギャンブルとして、人気となっています。今や全世界で、8千万人以上のプレイヤーがいるといわれており、日本でも愛好者は増え続けています。
インターネットが普及するとともに爆発的に普及し、今では、オンラインカジノに関する攻略サイトなどもたくさんあります。

オンラインカジノは、高い還元率を誇るギャンブルとしても知られています。元々、ランドカジノは、ヨーロッパ諸国で親しまれてきたのですが、1994年にオンラインカジノは、登場しました。その後、オンラインカジノにライセンスが発行される旨の法律が可決し、そしてオンラインカジノ業界に、さまざまな企業が参画する形になりました。
今は有名なソフトウェア会社である、マイクロゲーミング社などが名乗りを上げています。その後、1999年には、マルチプレイヤーシステムなどのシステムが搭載されるようになり、今はライブカジノなど、生中継で楽しめるシステムもあります。

オンラインカジノは、以前までは英語の表記ばかりだったのですが、今は日本語対応サイトも増えており、日本語の出来るスタッフが常駐しているオンラインカジノも増えていて、サポートなども充実しています。以前と比較してもより遊びやすくなっていますし、より安全になっています。

以前と比較してもより安全

オンラインカジノはどのように構成されているのか

オンラインカジノは、合法とされている国でライセンスが発行されて、運営されています。オンラインカジノを運営する上で、これらのライセンスを取得することが必要で、取得するためには、厳しい審査をクリアする必要があります。
無事審査をクリアした後にも、第三者である監査機関から監査を受け、不正がなく、健全な経営をしていると認定されて初めてオンラインカジノは運営していくことが出来ます。もしも不正があれば、すぐにライセンスを剥奪されてしまいます。

オンラインカジノは運営業者がライセンスを取得して、運営をしていますが、遊べるゲームなどを提供しているのが、大手のソフトウェア会社となります。オンラインカジノの運営業者と、ソフトウェア会社が提携をしており、最新のゲームなどを提供しているのです。
また、オンラインカジノとプレイヤーの仲介役を果たしているのが、決済会社の存在です。今は、決済会社を通し、オンラインカジノの入出金が出来るシステムとなっていますが、これらのお金の流れや資金管理を、決済会社が行っています。

オンラインカジノは、このように、さまざまな企業によって構成されており、セキュリティーなどもしっかりとしています。

オンラインカジノの還元率とは?

オンラインカジノの還元率

オンラインカジノは、建物を持たず、土地代などがかからないので、経費を浮かすことが出来ます。その分、還元率が非常に高くなっており、勝ちやすいギャンブルとして知られています。
オンラインカジノのペイアウト率は97~98%以上となっており、高い還元率となっています。これらの還元率を超えるギャンブルは他にありませんし、パチンコやパチスロでも80%程度なので、比較してもダントツで高いことが分かります。
さらに、オンラインカジノは、一度の勝ち金が莫大に大きく、数億円という勝ち金を得ることも可能です。

また、お得なボーナスや特典なども用意されていて、初回登録の際にも、入金額に応じてボーナスが受け取れます。
このため、初心者の方も有利にゲームを進めることが出来て、他のギャンブルよりも勝利しやすくなっているのです。

オンラインカジノと日本の法律

オンラインカジノと日本の法律

オンラインカジノを行う上で、知っておきたいのが法律関係のことです。オンラインカジノは、賭博の一つなので、国内ではプレイをしてはいけないのではないかと思われがちです。
しかし、オンラインカジノは、具体的に法律で違法と明記されているわけではなく、法律にそもそも記載されていないというのが現状です。このため、合法でもなく違法でもないと考えられています。

また、オンラインカジノは、胴元が海外にあり、サーバーも海外に置かれています。つまり、日本国内に胴元があるわけではありませんので、これを取り締まることは出来ません。賭博法の場合、胴元も、プレイヤーも両方を取り締まらなければならないと決まっていますが、オンラインカジノはこのように両方を取り締まることが出来ません。つまり日本の法律で裁くことが出来ないということなのです。
過去にはオンラインカジノで逮捕者が出たとニュースになったこともありましたが、それで処罰されたということは一度もありません。全てが不起訴処分となっています。オンラインカジノは、このように、違法でもなく、合法でもない存在であり、自宅でプレイする分には、ほとんどの場合、問題はないと考えられています。